Sound の最近のブログ記事

※自分の主観で書かれているので,技術的に間違いあったら勘弁願います

"良い音" って何でしょう?

音圧? 音質? 位相? 曲が好みであれば "良い音" に聞こえる時もあるし,その場の雰囲気で "良い音" に聞こえる時もあったりと,その定義は人それぞれだと思いますが,自分は音質よりも音の位相 ( 要は,音がステレオで聴こえるかどうか,空間的に聴こえるかどうか ) が非常に気になります.

音量が多少小さくても,音がばっちりステレオで聞こえるお店 ( クラブ ) は踊っていて非常に気持ちがいいです. ( その代表たる,自分が最も音が良いと思うクラブが,札幌の プレシャスホール !!! )

"音がばっちりステレオで聞こえるところ" ってのはフロアでどのポイントかと言うと,簡単に書いてしまうと "より多くのスピーカーが自分の方を向いているところ".

フロアが四角で,四隅にちゃんとスピーカーがあって,それが,対角線上のど真ん中を向いていれば,そのど真ん中がベストポジションな訳です. ( 当たり前か... )

ところが実際には,クラブってところはそう簡単にはいかない訳で,人が自由に移動したり,お客さんがいっぱい入ってもそのど真ん中のベストポジションで聴ける人はごく一部の人だったり,建物の都合でフロアは必ずしも真四角じゃなかったり,スピーカーが四隅に置けなかったり,フロアのど真ん中に柱があったり,ステレオの音源を何個ものスピーカーで出力しているから音が干渉しないようにしたりと,まぁ,いろんな理由により ( 自分も専門じゃないので想像で書いてますが ),必ずしも全部のスピーカーが真ん中を向いていなかったりします.

一部の人だけが最高の音を楽しめるようにではなく,多くの人がそれなりに ( って書くと誤解を招くかもしれませんが ) 良い音に聞こえるように,その店のノウハウ & ポリシーでセッティングされているわけで,それを専門にした PA なんて人が居たりするわけです. ( 自分のイベントの時も PA には非常にお世話になっていて,助かる存在です )

ですが,申し訳ありませんが,お店によっては,この "ノウハウ・ポリシー" によるセッティングが,自分にとってちょっと物足りないなと感じてしまい,『 スピーカーがど真ん中向いてればもっと気持ちいいのに 』 とわがままな事を考えてしまうことがあります.

でも,多くの人に楽しんでもらおうとすれば,その店が推奨する,そのセッティングになるのかも知れません. ( 彼らが自分の店の事を一番わかっているはずですから )

『 どの場所にいても良い音で ( 気持ちのいい位相で ) 楽しめればいいのに... 』

この疑問を何か技術的に解決できないものかと,ここ数年思っていたのですが,先々週,某所でヒントになる技術に出会うことが出来ました.

それが 『 波面合成システム 』 というやつです.

この 『 波面合成システム 』 ですが,スピーカーの設置としては左右2個ではなく,たくさんのスピーカー ( 10個とか20個とか ) を横にアレイに繋いで,その1ブロックのみ ( 例えば,フロントのみ ) で音を出力します.

従来のシステムとの違いをあげると,

▽ 従来のスピーカーシステム
  ステレオで聴こえる場所が限定される
  ( 左右のスピーカーからの音源が均等に届く場所のみに限られる )

▽ 波面合成システム
   どの場所にいてもステレオで聴ける
そして,更に 『 波面合成システム 』 の凄い所は
音源は 2ch のステレオ音源だけでなく,5.1ch 等のサラウンドの音源にも対応可能で,フロントスピーカーのみでリアの音も再生可能
( 低音についても別途ウーハーを必要とすることなく再生可能 )
という点です.

で,その某所で実際のデモをいろいろ聴いて感動したのですが,一般に開放してるところでもデモが聴けると小耳に挟み,お台場の ソニー・エクスプローラサイエンス というところに行って来ました.

写真撮影禁止だったので実際の様子や解説資料を載せられないのが残念ですが,( 特別展示なので期間限定で 11/5 まで ),この,ソニー・エクスプローラサイエンスで実際に 『 波面合成システム 』 を体験することが出来ます.

エクスプローラサイエンスでは,これからの技術ということで展示してあって,どういうところに応用できるとは書いてはいないですが,自分としてはこれをクラブに導入したら凄いことになるなと思いました.

この文章ではイメージが伝わり難いと思うので,スピーカーの配置の図面とか,何故それが可能か 『 波面合成システム 』 の原理的なところも説明したいんですけど,今回は時間が無いのでパスの方向で...

わかりやすい資料がネットに無いか探したのですが,残念ながら,丁度いいのがありませんでした.

技術は若干違うと思うけど,この辺の記事が利用方法含めて自分のイメージに近いかな.

WIRED の記事の方は 「 床からおよそ3メートルの高さに300本以上のスピーカーが吊るされ、円形に配置 」 とあるけど,今回エクスプローラサイエンスに展示しているのはフロントスピーカーのみでサラウンドを再現可能です ( スピーカーがある単位でアレイに配置 されている点は一緒 ).

この画像 が,波面合成の基本的な考え方です.

後,WIRED の記事に ( この技術が ) 「 クラブ、テーマパーク、ライブハウスには、映画館チェーンよりも早く導入されるだろう 」 って書かれてますが,自分としても是非とも早く導入されて欲しいものです.

まぁ,とりあえず,原理云々ともかく,興味ある人はエクスプローラサイエンスに行ってみよう!

エクスプローラサイエンスは,それ以外の展示もそれなりに楽しかったので,自分的には結構お薦め.

若干,子供向けな感じもしますが,インタラクティブなメディアアートっぽいのもあって,これとこれを組み合わせればこんなことできるかもなぁって技術的な背景を考えながら見てると勉強になります.

以下,メディアージュのサイト より抜粋

9/9~11/5
『音と映像で感じる空間展』開催中

聴覚・視覚での不思議な空間認識を楽しく体験できる企画展を開催中です。
ソニーの音や映像に関する最新テクノロジーで作り出す3D空間を感じ、その基礎科学を体験しながら学べます。

■音による立体空間の体験
音源を作り出す?!
「波面合成システム」
姿は見えないのに、存在が耳で認識できる「波面合成システム」は、24個のスピーカーから出る音の波を制御し、音を空間ごと(音場)に再生する最新の技術です。
ライオンやヘリコプターの音を聞くだけで、その方角や居場所を想定することができます。

■光と映像による立体空間の体験
さまざまな立体映像の仕組みを体験しながら学べます。
「ハイビジョン立体映像」では、ソニーのハイビジョンカメラで撮影した映像を偏光めがねで見ることで、立体感のある自然の風景を楽しめます。「映画に取り入れられた立体映像」では、アナグリフ方式(カラーフィルターを使用する方式)を取り入れたダイナミックな立体映像を体験できます。

P.S.
エクスプローラサイエンスに行った後,同じく,メディアージュ内の SonyStyle をブラブラしたり ( TV 欲しくなって来た... ),代官山に買い物に行ったり,渋谷でスープカレーを食べたり,今日は充実した一日でした.
クラブに行かないと,昼間出歩いてこういう生活が出来るのかぁ...今更ながら自覚.

~ この記事にツッコミを入れる! ~
| Comments [] | TrackBack [0]

これは,自分の家のような,狭くて,背後にスピーカーを置けない環境には,もってこいですね. 今のところ値段はちょっと高めですが,今後のラインナップに期待です. こういう面白そうな技術は,是非,是非,クラブにも導入してほしいなぁ. 音の良さと一口に言っても,雑音,周波数特性,歪みといった音質,音圧 ( 音の大きさ ) 等,いろいろパラメータはあるけど,音の定位にこだわったクラブってあんまり聞いたことが無い. ageha の360度スピーカーとか言っても,あれは,フロアの大きさをカバーしてるだけで,音に包み込まれてる感じはあんまりしなかった. 音の定位で感動したのは,札幌のプレシャスホールぐらいだな. これだけ 5.1ch のホームシアターシステムが普及して,家庭でも手ごろに多チャンネル環境が構築できる時代なのに,なんで,そういうクラブが無いのか,かなり不思議に思ってます. まぁ,その前に音源 ( 曲 ) の方がそもそも 2ch だったりするわけですが,2ch ソースを擬似多チャンネル化する技術はいろいろあるわけだし,今後は,音源自体も多チャンネル化に向かうはず. そうなれば,しらふでも...

~ この記事にツッコミを入れる! ~
| Comments [] | TrackBack [0]

[ AV Watch ] ダイマジック、有線と CS デジタルラジオでサラウンド放送 - バーチャル 5.1ch 音声でヒーリングミュージック

気になるのは,

いずれの番組も Adaptive Surround 技術で 2ch ソースから 5.1ch のサラウンド音声を生成。 その後、DVX によって 2ch への仮想音源処理が行なわれているため、従来のチューナや 2ch スピーカーでバーチャルサラウンドが楽しめる。
ってとこ. どのくらい効果あるのかな? Adaptive Surround って,ドルビープロロジックとは違うのかな? って思ってたら,ここにわりと詳しく説明が書いてあった.

[ AV Watch ] ダイマジック、独自 3D サラウンド技術対応エンコーダ - イヤフォンで 5.1ch 再生する民生用エンコーダも検討

ちなみに,ヒーリングミュージックってどんなのだろう? アンビエントとかチルアウトとか民族音楽系かな? ちょっと聞いてみたい.

~ この記事にツッコミを入れる! ~
| Comments [] | TrackBack [0]


Life Stream

2009-09-17 Thu
  • 22:50 - TB3 tweeted, "うっ... 会社に弁当箱忘れてきた"
  • 22:16 - TB3 tweeted, "クロスポストしたはいいものの,両方の返信をチェックしなくてはいけないという罠..."
  • 21:57 - TB3 tweeted, "mixi エコー改め ボイス の本サービス開始で,みんなわりとコメントしててびっくりした. いつまで続くかな?"
  • 20:24 - TB3 tweeted, "民主党にがっかり. Link: 非記者クラブメディアを排除した鳩山首相初会見への落胆 | 週刊・上杉隆 | ダイヤモンド・オンライン http://bit.ly/1WkKlm"
  • 00:32 - TB3 tweeted, "RT @kengo: 【ノマドワーク】東京山手線沿線で電源&無線LANが使える飲食店52店舗まとめ ? ビジデア | B u s i d e a http://bit.ly/m30HK"
2009-09-16 Wed
  • 19:10 - TB3 tweeted, "@fukuyamakazuhis あ,そうなんだ. 情報ありがと. 今月末までに駆け込みで購入しようかとも思ってたけど,焦ることは無くなったので冷静に考えることにします."
  • 00:09 - TB3 tweeted, "予想はしてたけど,実家に帰って6日で 1.5Kg 体重が増えた..."
2009-09-15 Tue
  • 11:18 - TB3 tweeted, "あ、そうそう。今日、東京に帰ります。今、空港に向かってるとこ。"
  • 11:14 - TB3 tweeted, "WMやめようかな"
  • 11:08 - TB3 tweeted, "弟のAndroidで遊んでます。"

このアーカイブについて

このページには,過去に書かれたブログ記事のうち Sound カテゴリに属しているものが含まれています.

前のカテゴリは PC です.

次のカテゴリは Wireless です.

最近のコンテンツは インデックスページ で見られます. 過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます.